占い師お金儲けが目的になると

占いは、いろいろなものと結びついてビジネスになる可能性があります。占い×喫茶は存在しますが、占い×フィットネスクラブは聞いたことがありません。占い×美容サロン、風水占い×旅行、占い×音楽のコラボは、どうでしょうか? 今はまだ仕事になっていなくても、いつかどこかで、あな
たがそんな仕事を作り出すことになるかもしれません。

何を目指して、どこまで進んでいくかは、もちろん、占い師次第です。と、夢が広がったところで、水を差すようですが、大事なことをお伝えしておかなくてはなりません。

お金儲けが目的になると、なぜか不思議なことに、占いが外れるようになります。

いえ、決してお金を稼ぐことが悪いことだと言っているわけではないのです。占い師だって、かすみを食べて生きているわけではありません。健全な経済活動は、生きていくために絶対に必要なことです。

お金でなんでも買えるとは思いませんが、わたしだって、お金がたくさんあったら、もちろん嬉しいです。

お金を稼ぐことが良い悪いという話ではないのです。

もっと別の次元の話です。

たぶんおそらく、お金を多く稼ぐための脳のはたらきと、占いをするための頭の能力は、相反するものなのです。

占いを当てるためには、抽象的な言い方で申しわけないのですが、心と精神を開くことが必要です。未来や遠方の情報にアクセスするために、自分というひとりの人間の限界をなくして、どこまでも広がっていくのです。そのためには、常識や善悪やこの世の世界の基準をすべていったん手放さなくてはなりません。

常識や善悪をコントロールする、いわゆる「自我意識」は、脳の前頭葉にあるとされています。

ユングの弟子だったマリー・フランツ博士は著書『偶然の一致の心理学』の中で、絶対的知識とつながるためには、意識レベルの低下が必要だと述べています。自我意識がライトのようにこうこうと明るく輝いていては、ろうそくの光のようにかすかな絶対的知識は見えません。

自我意識が弱まれば、当然、善悪のコントロールをする力も弱まります。

いわばその「正気をなくした」状態に、自由にいつでもなれるのが占い師なのです。

現実という縛りから抜け出すために、自由に関節を外せるマジシャンのようなものです。

ただ、いつでもすぐに外せる関節は、どうしても外れやすくなりがちで、ときには、外れっぱなしになってしまうこともあります。職業病のようなものでしょうか。

一方、お金を稼ぐには現実的な損得勘定、経済観念、冷静な判断力など、自我意識の高度なコントロールが必要です。そういった現実対応能力を発達させすぎると、自由に関節が外せなくなって……たぶん占いが当たらなくなるのです。

 

対面鑑定の場合は事前に質問事項を整理しておくと占い師さんも鑑定し易く迅速に占ってもらえます

地元の中心街にある占い専門店に、年に二回位行って対面で占って貰ってます。

料金は20分で3240円です。30分だと4800円になります。ここには常に占い師さんが6~8名いらっしゃって、自分の気に入った先生に観てもらうことが出来ますが、人気のある占い師さんは予約で一杯だったりするので、事前に電話で予約しておくと確実に希望する占い師さんに観てもらえます。

私がよく見てもらう占い師さんは亜梨沙さんという名前の占い師さんです。占術は、タロットカード、西洋占星術、カバラ数秘術です

。基本的な運勢の流れや男性との相性につていては、西洋占星術で星の配置等で鑑定されます。今年の運気がどうかについては木星の入っている位置と私の太陽星座の位置との角度で判断されます。

相手との相性については其々の太陽星座と金星と火星がどの星座に位置しているかで判断されます。今年の春鑑定してもらった結果では、今まで交際していた相手との将来について私が不安感があるので何れ距離が出来てしまい、秋以降に新たな出会いが訪れますという鑑定結果でした。

まだ、秋は訪れてないので新しい出会いについては当たっているかどうかは分かりませんが、これまで交際していた相手とは占い師さんがおっしゃっていたように相手に対して不安感が生まれ結局疎遠になりましたので当たっていると思います。

また、直に答えを求めるような質問に対してはタロットカードで鑑定されます。例えば「資格取得のための試験に合格しますか?」というような質問の場合です。

タロットカード占う時はケルト十字展開法という技法を使って過去や現在、未来について占ってもらえます。また、金運や恋愛運など、項目別に運勢を占ってもらう時はホロスコープ法といってタロットカードをシャッフルした後にカードを左側から円状に12枚ならべて最後の13枚目のカードは円の中央に置かれます。

12枚のカードで其々の運勢を鑑定されます。例えば金運は三番目のカードで恋愛運だったら五番目に並んだカードで結果を鑑定されます。13番目のカードで運勢全体の良し悪しを鑑定されます。

たった20分ですが細やかに迅速に占って頂けます。占ってもらう前に自分で質問内容を整理しておくと占い師さんも鑑定し易く時間を有効に使ってくれますのでメモしていくなどの準備をしておくとスムーズに占ってもらえます。

対面鑑定の良い所は、あまり良くない占い結果が出た時は占い師さんに励ましてもらえたりする点ですね。経験を積んであるので適切な助言をしてもらえます。また悩みごとを聞いてもらえるだけでも気持が落ち着いたりします。

口コミで評判いい占い師さんを見つけて定期的に占ってもらうといいですよ♪

 

占い師で成功できる人

占いでお金を得る方法は一つではありません。

占いを教えたり、占い原稿を書く仕事をしている占い師もいます。

これからいろいろな、占い師の仕事をご紹介していきますが、占い師が個人事業主だということは常に頭に置いておいて欲しいと思います。

誰かがお給料をくれるわけではないのです。

昔、占い師が公務員だった時代がありました。平安時代の占い師、安倍晴明は都の陰陽寮に勤める公務員でした。
今、公務員の占い師はいませんし、会社員の占い師もめったにいないでしょう(ごくまれに、占い事務所の社員になる場合もあります)。

占い師はみな、自分で自分の仕事を探して、クリエイトして生活していく個人事業主なのです。

そういう意味では、占い師という仕事で成功できる人は、起業家や事業主として成功できる人とも言えるでしょう。

起業家に必要な要素とは、なんでしょうか?

待っていてもお金が入ってくるわけではありません。自分からチャンスを取りに行く積極性が必要です。

それから人間関係をひろげていく力。あなたと仕事をつないでくれるのは、データや情報ではなく、必ず生身の「人間」です。

さらに時勢を先読みする力。試行錯誤しながら、工夫していく力。困難があってもくじけず、へこたれない力も必要でしょう。

あなたは、自分はそんな力持っていない、と思うかもしれません。

心配いりません。

起業家としての力をすべてまんべんなく持っていたら、専門書を読む必要もありません。

飛び抜けた能力がなくても、情報をうまく生かせば、占い師として仕事をして生活していくことは十分できます。さらにその上を目指そうと思うときは、占いの本ではなく、ビジネス書を読んで勉強することになるでしょう。

 

復縁するべき?

私は今でもある人のことが忘れられません。その人と復縁したいと思ってさえいます。

私は過去に3回付き合ったことがあるのですが、復縁したいと思った人は2番目。ここでは、Yくんと呼びます。

Yくんは私と同い年で半年程付き合いましたが、時期的に私が忙しくなってしまって、Yくんのことを考える余裕がなくなりました。それで別れてしまったのです。

しばらくして、忙しさも落ち着き、また別の人(ここではAさん)とお付き合いをすることになりました。しかし、私はAさんをYくんと比べてしまっていました。それでいつも「元彼はこうだった」「元彼とここ行ったんだよね」とか今思えば、Yくんの話ばかりしていたように思います。

それが原因でAさんも冷めてしまったらしくあっけなく振られてしまいました。そこから、3ヶ月ぐらいはフリーでいます。その間、YくんのSNSを見たりしていたので、自分で異常だなと思います。きっと「忙しい」だけを理由にして振ってしまったから悔いが残っている気がします…

私は自分には正直でいたい人間です。しかも、行動力も人一倍あると自覚しています。だからだと思いますが、私はYくんに連絡をしていました。最初は彼も驚いていたようですが、普通に反応してくれました。

やりとりをして久しぶりに会おうということになりました。会った日、なぜかわからないけど、会って話をしているうちに復縁したいという欲が強まり、思い切って、復縁を申し込みました。

彼の反応は「待って。」と。確かに彼の方も別れてから彼女を作っていたので、どうかなとは思っていたのですが、話を聞いている限り、うまく行っていなかったので「いける!」と思っていました。

現在、彼女と2ヶ月間連絡を取っていないそうです。私はこのまま待っていた方がいいのでしょうか。彼ははっきり区切りをつけてくれるのかとても心配です(/ _ ; )

今の彼への想いは変わりません。別に特別話が合うとか共通の趣味があるわけでもありません。でも、彼の隣でこれから生きていきたいと思っています。

こんなどうしようもない気持ちの時は占いに頼ってみようかなぁなんて考えちゃいます。

占ってもらってうまくいった友達もいるし。

どうしようかなぁ……。

ここのサイトがいいみたいです。 札幌占い

 

あなたも今日から占い師

実は、開業する方法は、びっくりするくらい簡単です。

「占い師名を決めて、名刺を作る」

それだけです。

資格も免許もいらない仕事ですから、自分で名乗るだけでいいのです。

名乗るためには占い師としての名前が必要です。本名でもかまいませんが、呼びやすく覚えやすい、占い師っぽい名前のほうがなにかと便利です。名刺には得意な占術も入れましょう。

これでもう、あなたは今日から占い師です。

ところで。どこからどうやってお金が入ってくるのでしょうか?

占い師の仕事の基本は、人を占うことです。

あなたのお友達が遊びに来たときに、五百円で占ってあげたとします。それも占い師としての仕事です。でもそれだけでは食べてはいけませんね。

占い師として開業することと、占い師としてお金を得ることは別の話です。さらに、占い師としてお金を得ることと、たくさん儲けることができるかどうかというのもまた別の話です。

年収ゼロ円の占い師もいれば、何億円も稼ぐ占い師もいます。

こんな極端な話をしたのは、占い師という職業だけで、だいたい年収このくらい、と推定することはできないと分かっていただきたかったからです。

まったく宣伝もせず口コミだけでこぢんまりと占っている占い師がいます。一方、テレビや著書やセミナーで派手に活躍し、巨額の収入を得ている占い師もいます。

占い師はみんな、個人事業主です。

SOHO(小規模個人事業主)がイメージ的には近いかもしれません。個人でウェブデザイナーやエディターの仕事をしている人たちのなかには、事務所を構えて数億の年収を得ている事業主もいれば、パソコン一台で副業的に仕事をしている場合もあるでしょう。

占い師として開業するだけでは、一円も得ることはできませんが、さまざまな工夫や努力で、平均的なOL以上の年収を得ることも十分可能です。

 

テレビの占いは当たる?当たらない?

実は、直観をまったく使わない占いも、ないわけではありません。

それは、雑誌や携帯などのお遊びの占いです。

テレビの占いコーナーや、携帯の占い回答文の多くは、ライターが書いています。占い師が監修していることになっていても、実際はライターが考えて書いている場合も少なくありません。

テレビの占いなどで、ネタが尽きたのか、何ともおかしなアイテムがラッキーグッズになっていたりして、思わず苦笑してしまう場合もあります。

本来、西洋占星術でも、東洋系の占術でも、毎日巡る星や干支には、それぞれに固有の色や場所や食べ物が決められています。例えば、火星がよい意味に作用する日であれば、火星が象徴する赤い服や、競技場や、スパイシーなフードがラッキーになるわけです。

なかには、占いまったく関係なしに適当に書いてる? と思うような場合もありますが、それでも成立してしまうのが、不特定多数向けの占いなのです。

一対一の電話や対面の鑑定と、不特定多数に向けて占う雑誌や携帯占いは、「まったく違うもの」と考える方がいいかもしれません。

直観を使わなくても、不特定多数の大が納得できるように書く技術があれば、人気占いライターになることができます。

ところが、ここが不思議なところなのですが、そうしてライターが創作した不特定多数向けの占いであっても、なぜか、ぴたりと当たることがあります。

単なるお遊びの占いでも、まるで引き寄せられるように出会ったのなら、人の力を越えた何かが働いたのでしょう。

具体的には、不特定多数の「誰か」に向けて書くのではなく、たったひとりの「あなた」に向けて書くのです。たったひとりの相手のための文章のほうが、より多くの人にピンポイントで届くのです。

肖像画が、右から見ても左から見ても、あらゆる方向から見る人全員と視線が合うようになっているのと同じです。どうやって描くのでしょうか?

答は簡単です。

真っ正面に瞳が向くように描くのです。真っ正面にいるたったひとりに向けて描いた肖像画は、どこから見ても、自分をまっすぐに見つめているように見えるのです。

そういう意味では、マスコミ向けの占いも、やはり占いは占いです。

占いの神髄は、一対一の対面鑑定にあります。はるか遠い昔ナイル川のほとりで、中世の遊牧民のテントで、現代日本の繁華街の占い館で、占い師は相談者と一対一で向き合い、占ってきました。

さまざまな占い道具を使い、さまざまな方法で。直観より推理力を必要とする占いもあります。もちろん霊感に自信がある人に向いている占いもあります。

長い歴史を持ち全世界でたくさんの人が使っている占いもあるし、長いこと秘められていた知られざる占いもあります。パソコンを使う占いも、さいころや石を使う占いもあります。いったい、どんな未知の占いがあるのでしょうか。

さまざまな占いの中には、あなたにもっともぴったりな占いがあるはずです。

 

直観と妄想を区別できる

作家や画家と同じく占い師も「インスピレーションで占っている」ということを知っていますか?

作家や画家は、インスピレーションを働かせ、思いつくまま想像力を羽ばたかせて、作品を作ります。ということは、占い師も、占い結果を「作っている」のでしょうか?

たとえば占っていて、心の中に『あの人の本心』が浮かんだとします。神から教えられでもしたかのように突然思いついたわけですね。でもそれって、本当に真実なのでしょうか? もしかして占い師自身の思いつきや、想像や、妄想ではないのでしょうか?

芸術家に「まるで自分か書いているんじゃないみたいに、筆が勝手に動いた」と思う瞬間があるように、占い師にも、「自分が話しているんじゃないみたいに口が勝手に動く」ことがあります。神がかり状態になって占うイタコは、それですね。

でもタロットや占星術占い師は、ちゃんと普通の意識をたもって、占いをします。

自分で思いついた想像や妄想と、直観として外からやってきた考えを、混同するはずがないと思うでしょうか?

実は、妄想と直観をはっきりと区別するのはとても難しいのです。

作家や画家にとって、自分の作品のどこからが、「何か大いなるものに導かれて」、どこからが「自分で作ったのか」はっきりと区別することは難しいのと同じく、占い師が感じる「霊感」のどこまでが自分で思いついたもので、どこからが直観なのか、占い師自身が判断することは難しいのです。

このことを初めて知った方は、怒りがわいてくると思います。

「占い師の想像や妄想を聞かされてたのか!」と。

ご安心ください。

そうならない仕組みがあります。

占いには古い古い歴史があります。はるか昔、数千年の歴史を持つ占いもあります。たくさんの占い師によって伝えられ、研究され、より深められていくなかで、できるだけ「占い師の思いつきや想像」が入らないで、直観が最大限に発揮されるように、形が整えられてきたのです。

たとえばタロット占いは、カードというアイテムを使い、カードの象徴というフィルターを通すことで、占い師が持つ直観のパフォーマンスを最大にするのと同時に、私的な妄想をカットするようにできているのです。

占星術や四柱推命などのシステマティックに理論づけられた占いは、さらに占い師の個人的な想像力に左右されにくくなっています。複雑な理論をマスター‘するのには時間も手間もかかるので、本当に占いを極めようという強い意志と意欲を持っていない人は、脱落していくことになります。結果的に、本物の占い師が残るわけです。

長い期間支持されてきた占いには、それだけの理由があるのです。

ただのタロットや占星術は道具を使うから簡単。一番難しくて、一番当たる本物の占いは、何にも道具を使わない「霊感占い」、と思っていた人もいるでしょう。

今すぐ考え直しましょう。

中には、何の道具も使わず直観だけで当てる、すごい占い師がどこかにいるのかもしれません。残念ながら、わたしは会ったことがありません。(巫女、神主、預言者などの宗教家は、占い師ではありません)

オーソドックスで歴史ある占術、簡単にマスターできない占術を使う占い師ほど、本物である可能性が高いのです。

本物の占い師は、システマティックな占星術や四柱推命のような複雑な占術を使って占っても、絶妙な直観で、本当の結果を導き出します。

本物の占い師には、大げさなパフォーマンスは必要ないのです。

そもそも、霊感、直観は目で見て確かめることもできないし、「あるかないか」で言えるようなものではないのです。

 

5円玉占いの信憑性

最近、自分で出来るようになった占いがあります。
それは5円玉占いと言われるもので「自分が何歳で結婚するか分かる」というものです。
これは自分の髪の毛と5円玉を用意するだけで出来る占いです。

「自分がいつ結婚するか」のほかに「子供の性別」も占うことができます。

私は5円玉占いで自分がいつ結婚するか何度か占ったのですが、やるたび26歳のところでぐるぐると回ります。
今は25歳で、27歳と28歳には動きがなく反応しませんでした。

結婚する年齢の調べ方はとても簡単で、自分の手のひらの上で5円玉をつるします。
自分の現在の年齢分5円玉を上下に振ったあとに5円玉が円を描くような動きをしていたらその年齢で結婚できるという結果になります。

私は今年で26歳になりますが、今はまだ誕生日を迎えていないので25歳まで振りましたが反応がなかったので26回振ってみたら回りました。
実際のところ、彼氏がいて彼氏側も結婚を意識していて早めに籍を入れたいとのことでもしかしたら26歳でするかも・・・といった感じです。

今もときどき自分が何歳で結婚するのか5円玉と髪の毛を用意して占っているのですが、占うたびに「26歳」で徐々に動きが変わっていくのがよくわかります。
25歳までは縦にブランコのように揺れますが、26歳と言ってから徐々に丸っこく動きはじめそれ以降何も言わずにいると大きく右回りに回り続けます。

子供の性別の調べ方ですが、こちらも5円玉と自分の髪の毛を用意します。
5円玉の穴に自分の髪の毛を通した後に自分の手のひらの上につるします。
そうするとしばらくしてから5円玉が揺れ始めて性別を判別し始めます。

そのときに5円玉が縦に揺れた場合は「男の子」で円を描くようにして回転したら「女の子」です。
何も動きがなかった場合は「なし」という結果になります。

5円玉占いは当たる確率が高いと言われており、結婚後の人であっても占うことが出来ます。
結婚した人が結婚する年を占ったら結婚した年と全く同じだったというケースが度々報告されています。
出産した人がお子さんの性別を占ったらすべて的中したという話もあります。
そのため、私は5円玉占いは結構当たるのでは?と思っています。

 

占い!?スピリチュアル!?私が会った不思議な少女

若い頃、恋愛が上手くいかなかったり仕事で悩んだりしたとき色んな占い師さんにみてもらっていました。

手相占いやタロット占い、電話占いをしたこともあります。その中でも一番印象的だった占い師さんは、なんだか少し変わっていたんです。友達が、「よく当たる占い師さんがいる。友人も、転職の相談をしたときに次に働く職場を当てられたり、結婚相手のの容姿もぴったり当たっている」と教えてくれ、私が住んでる市よりもかなり遠い海辺の町に行きました。

市内の商店街の中に、小さい家がありそこに40代の女性と小学生くらいの女の子がいました。女性はニコニコ笑っており優しい表情が印象的。女の子は、あまり目を合わせてくれなかったけどよく私たちの話を聞いている印象でした。女性が言うには、自分はタロットが専門で女の子は見えるイメージを絵で描いてくれるとのこと。そして2人は親子とのこと。

何度も行った占いとはかってが違うので少し戸惑ったことを覚えています。だって、親子で占い師って聞いたことありますか!?しかも女の子は小学生。正直、当たる気がしませんでした(^^;)でも価格がかなり良心的だったので、当たらなくてもいいや、経験させて貰おうくらいの勢いです。

私はその頃25歳で、結婚したくてたまりませんでした。でも出会う人にはピンとする人もいなく、ほぼ毎日合コン三昧。このまま結婚できないのかなーとかなんとなく不安だったので、「結婚できるのか」をみてもらうことに。女性は私の名前や誕生日等一切聞かず、何を占って欲しいかだけを聞いてきました。

私が答えたところ、「それなら娘の方がよさそう」と私は女の子の担当に。一緒に行った友達は転職の相談をしたところ、女性が担当することになりました。女の子は私の顔を1分程見つめ、色鉛筆を握り、はがきサイズの紙になにか書き始めたのです。全く何も言わずに。

5分もしないうちに、紙にカラフルなお花が2本。間に小さな花の芽のようなものを2本書き上げました。えぇ!?と少し焦っていると女性が絵を見て説明してくれました。「花はあなたと結婚相手。芽はお子さんね。うんうん、あなた結婚出来るわよ、子供は2人。」と。

そして紙を裏返すと来年の年度と6月と書かれていました。そのときは5月だったので、あと1年そこそこの日付です。その日付は結婚するための何かが起こるとき。結婚相手にはその少し前に出会うから大丈夫と言うのです。全くそんな兆候がなかったので半信半疑だったのですが女の子が狂いもなく描いていたので印象的でした。

紙を貰いなんだかモヤモヤしたまま帰宅したことを覚えています(>_<)しかし出会うのです、その3ヶ月後に今の旦那に!そして書かれていた6月、妊娠しました(o^^o)そのままあれよあれよと顔合わせ、入籍、結婚式と続き今に至ります。今年の2月第2子も出産しました。

未だに描いてもらった紙を見る度にすごいなぁと驚いています。ちなみに一緒に行った友達は、転職の時期とその職場で出会う人と結婚するとこちらもぴたりと当てられていました。親子共々ものすごい的確な占いだったなぁと忘れられません。